フナリンです

先日、三根の富士見団地の公園に
遊びに行ってきました。

目的はこれ


娘が、どうしても、これに乗りたいということで。。。


以前、娘がまだ保育園生だったとき、
坂下の保育園に行く機会があり、
そこで箱型ブランコを見て、
とっても乗りたかったのだけど、
乗れなかったそうなのです

何かの折にその話になり・・・

「その保育園に連れてくのは無理だけど、
箱型ブランコがある公園を知ってるから、
連れてってあげるよ」

というわけで、
わざわざ坂上からやってきたわけです。

実際にやってきてみると、
ブランコよりも、
娘も息子も
木の遊具が魅力的だったよう。




とくに息子はとても気にいったようで、
「用事があるからもう帰るよ」と言うと、
「ここで一人で遊んで待ってる
だって・・・・

いや、まさか君を一人ここに
おいてくわけには・・

「また今度連れてきてあげるから〜
と無理やり車に押し込みました(笑)

団地内の公園だし、
駐車場があるわけでもないので、
わざわざ車で出かけるところでもありませんが、
お近くにお住まいでしたら、
ちょっと散歩がてら
遊びにいってみてはいかがでしょうか。

 フナリンです

ここのところ、天気が悪くて嫌ですね

今日も嵐のよう・・

しかしこんな天候にもめげず、
やまんばハウスの
ランチに行ってまいりました

やまんばハウスは
保健福祉センターの隣にある
自然派のレストラン。

曜日によって
内容が変わります。

火曜日は、
「焼きたてパンのランチレストラン」
 
金曜日は、
「自然派家庭料理のレストラン」

今回は金曜日の
「自然派家庭料理」のランチを
友人と一緒に
楽しんできました〜



汁物の湯気で、
写真がぼやけてしまった

金曜日のレストランのメニューは日替わりです。

玄米(または白ご飯)
主菜副菜4品
汁物
デザート
コーヒー

今日の主菜はタンドリーチキンでした

副菜にはエスニック味のサラダと
さつまとかぼちゃのココナッツミルク煮と
あしたば胡麻あえに漬物。
(あしたばは胡麻あえだったと
思うんですが、さっき食べたばかりなのに
もう記憶が・・・・・違ってたらすいません)
デザートはフルーツゼリー。

ここのランチは、
素材を生かしたやさしい味で、
私はとても気にいっています

今は子連れで来ることはありませんが
(平日なので・・)
子どもが保育園に入る前は、
ママ友達と一緒によく来たものです。

子連れだと、
金曜日よりも
火曜日の焼きたてパンランチに
来ることが多かったです。

上の娘はランチに連れていっても
おとなしく座ってくれていたのですが、
下は男の子だからかやんちゃで、
子連れでランチするのもなかなか大変でした

もうだいぶ前のことですが、
やまんばハウスにて食事中、
ふと目を離したすきに、
飾ってあった柿を床に投げつけ、
(しかも、完熟だったので
床にビチャーっと・・・)
穴があったら入りたい思いを
したことがあります

そんな粗相をしでかした親子に対して、
店の従業員の方々も、
お食事中のお客様たちも
みんな寛容で、
とてもありがたかったです
(いや、だからといって、
もちろん子どもを野放しにしていいわけでは
ないですが、もちろん)

春休みになったら
久しぶりに子連れで
パンランチを食べにいこうかな〜

やまんばハウスの金曜日ランチは
「八丈島観光ブログ」に
たびたびアップされてます。

こっちの方が写真もおいしそうに撮れてるので、
ぜひこちらもご覧下さい 

 やまんばハウスの金曜日ランチ(2008年2月19日)

 昨日のやまんばハウス金曜ランチ(2008年4月12日)

 本日のやまんばハウス金曜ランチ(2008年9月19日)

 昨日のやまんばハウスの金曜ランチ(2008年10月20日)

 やまんばハウスの金曜ランチ(2008年11月20日)

 
やまんばハウスのホームページはこちら Click!

*HPと現在の内容・値段が変わっているところがあるので
ご注意下さい。現在の営業は下記のようになっています。

やまんばハウス営業案内

<火曜日>焼きたてパンのランチレストラン
  焼きたてパンと洋風料理、コーヒー(900円)
  営業時間:12:00〜13:00

<金曜日>自然派家庭料理のレストラン(1000円)
   営業時間:12:00〜13:00

<木曜日>手づくりお菓子工房
         *注文は当日の10時まで
   パウンドケーキ3種(あしたば・レモン・ローズマリー) 各900円
   ミニパウンドケーキ3種(あしたば・レモン・ローズマリー)各500円
   日替わりケーキ 1カット 200円
      
<月曜日・木曜日> 仕出し弁当 600円(大盛り700円)
          *注文は当日の10時まで 地域によって宅配あり。

注文・問い合わせ先 食工房やまんばハウス 2-5079

八丈の公園情報その1
に引き続き、
島の公園を
紹介していきます。

坂下の親子連れにも
意外に人気なのが
樫立児童遊園地

ここには、なんと、
島のほかの公園にはない遊具が
あるんです

って大げさに言うほどのもんじゃ
ありませんが(笑)

それは、シーソー。
これって、他にはないでしょ
(私が知らないだけかもしれないので、
「あるよ〜」という方いたら、
教えて下さい。)

もちろん、遊具はシーソーだけでは
ありません

ボールにまたがってゆれる
ブランコみたいなのや、
(これは、子どもだけじゃなく、
ときどき観光客風の若者が
楽しんでるのをみることも・・)
普通のブランコ、
すべり台(これは幼児むけ)、
埋め込みタイヤ等々。

実はこの公園、
ちょうど上の子が生まれた頃に
出来たんですよね。

最初は遊具が1つしかなくて、
毎年1つずつ増えていって・・・。

子どもの成長とともに
公園も整備されていったので、
なんだかとても愛着があります。

まだここで遊んだことのない方は、
ぜひドライブがてら
来てみて下さい。

そして、ここまで来たらついでに、
樫小跡地へもどうぞ。

樫小時代の遊具はほとんど
取り払われてしまったのですが、
1つだけ、
秘密基地みたいな景観のすべり台が
残っています。

このすべり台、
子どもが大喜びすること
間違いなし。
(小さい子どもが遊ぶには
保護者が十分気をつける必要がありますが)

ちなみに、樫小跡地からの眺望も
最高ですよ。

大坂トンネルを越えるのはちょっと・・・
という方におすすめなのが、
稲葉児童遊園地

三根にあります。

ブランコやすべり台などの遊具もあるし、
広いので、
ボール遊びをしたり
走りまわったりもできます。

秋には、木の実ひろいなんかも
楽しめますよ。

八丈島総合ポータルサイトによると、
三根地区には他に、
神湊児童遊園地
があります。

ここは以前、
保育園の浜遊びに
利用させてもらったことがありますが
(波が高く乙千代浜で泳げなかったので)
遊具が少し、あったような。。。

大賀郷地区に
大里児童遊園地
というのもあるようですが、
これは、神社の一角かな

他には、
町営富士見団地(三根)
町営八蔵団地(大賀郷)
の敷地内に
それぞれ公園があります。

こうして見てくると、
いわゆる「児童むけの公園」が、
各地域に、
もう少しきちんと整備されても
いいのかなあ、という気もします。

一方で、八丈は自然も豊かだし、
何もそういう「人工的な公園」でなくても、
他に遊び場がいくらでもあような
気もします。

そう考えると、遊具はありませんが、
大賀郷園地大潟浦園地
子どもの遊び場としてはおすすめ。

とくに大潟浦園地
海辺にあって
開放感にあふれているので、
私はこの場所がとても大好きです。

子どもが小さい頃はよくここで、
お弁当を持って、
友達親子と待ち合わせて
遊びました。

乗用玩具を持って行ったこともありますが、
そういうものがなくても、
子どもって何人か集まれば、
何かしらの遊びが始まるんですよね。

またまた大きな声じゃ言えませんが、
ふと気づいたら、
水道を使って水遊びをしていて
みんながみんなびしょぬれだったりとか
(子どもって、ほんと、水が好きですよね)

そういう時の子どもたちって、
たまらなく、楽しそうだったなあ

以上、私見による
八丈の公園紹介でした。

「他にこんなところもあるよ
っていうような情報、ありましたら、
ぜひぜひご一報下さいね。

 こんにちは。フナリンです。

今回は、遊び場情報の一つとして、
八丈の公園を紹介したいと思います。

暇さえあれば「どっか行こうよ〜」
と外に出たがる子どもたち。

夏は海があるからいいけれど、
その他の季節は
どこへ行こうか、
迷ったりしませんか

 迷うほど、場所がないって

確かに八丈の遊び場って
限られてますもんね。

でも意外に、
島の各地にいろんな公園があるんです

今回の記事では、
誰もが知ってる定番の場所から、
「こんなところが遊び場になるの?」
ってところまで、
私の独断と偏見で紹介しちゃいます。

それぞれの公園名をクリックすると
八丈島総合ポータルサイト内の情報に
リンクするようになっていますので、
もし、まだ行ったことがないところがあったら、
この機会にぜひ
「公園めぐり」してみてくださいね〜


とういわけで、まずは定番の植物公園



今のとこ、島内の児童遊園地では、
ここの遊具が一番充実しています。

もう少ししたら(1年後くらい
同じ植物公園内に、
もっと本格的な
アスレチックっぽい遊具が
設置される予定があるみたいですよ。

今から楽しみですね〜

子どもが小さいときは、
この植物公園の遊具コーナーには
ずいぶんお世話になりました。

今は、休日にときどき連れて行くくらいですが、
年中の息子はもちろん、小2の娘も
まだまだ楽しんでいます。

植物公園は、
遊具を使って遊ぶ以外にも
楽しみ方がたくさん。

うちの子たちが必ずやるのは、
キョンに餌をあげること。

それから木登り。

そして、うちはやったことないですが、
芝生広場で
ボールで遊んでる親子連れなんかも
よく見かけますね。

園内散歩も楽しいですね。
広いから、
いろんなコースを楽しめます。

な〜んて、書いてたら
来週は植物公園に行こうかなあ
って気になってきた(笑)

実は今日は、
植物公園に行く予定を変更して
親水公園に行ってきたんです。



親水公園、
ポータルサイトに情報があると思っていたら、
まだ公園になる前の情報しか
のってませんでした→いずみ
残念

写真も、
前に行ったときに
撮ったのがあったはずなのに
パソコン内を探しても
どこにも見当たらず・・・

上の写真は
八丈町のHP内の田園空間整備事業
のページからお借りしました。

この親水公園、
遊具も何もないけれど、
子どもの遊び場としては
なかなかいい場所だと思います

丘もあるし、
橋もあるし、
階段もあるし、
上がったりおりたり、
ぐる〜っと1周するだけで、
走りまわって
子どもはすごく楽しそうです。

鯉がいるから、
餌をあげてもいいし。

大きな声じゃ言えないけれど
「ロッククライミング」もどきが
できる場所もあるし。
(もちろん、そういう目的で
作られてるわけじゃありません


夏場なら、
ちょっとした水遊びもできるかも。
(でも夏はかなり暑いし、
海に行った方がいいけど。。。)

今日、うちのやんちゃ坊主は、
ふと気づくと池に足を突っ込んでました。

ぶあっかもの。
今は冬だぞふゆっ

「だめ〜っ。
すぐ出なさいっ〜

って怒ったのに、
聞かずにじゃばじゃば。
(と怒りつつ、シャッターを切る母も母ですが



「風邪ひくよっ。夏じゃないんだからっ

ってさらに怒ったら
戻ってきましたが、
くつもジーンズの先もビショぬれ。

当然遊びも中止です。

急いで車にのって
家に帰りました。

ちなみに、
この公園のすぐそばに
ホタル水路
があり、
以前紹介した
もあります。

まだ行ったことのない方はぜひ一度、
お子さんと遊びに行ってみてくださいね

公園情報その2に続く

「おはなし会」についての記事は
毎月載せていましたが、
会場である図書館自体についての紹介を
まだしていませんでしたたらーっ

すでに利用している方も
多いとは思いますが、
今回は図書館について、
我が家流の利用方法も交えながら
紹介したいと思います。

町立図書館

よつばのクローバー場所 八丈コミュニティセンター内(町立病院裏)

おはな開館時間 午前9時30分〜午後5時
      (返却は事務室受け取りで午後9時まで)

よつばのクローバー休館日  毎週月曜日・祝祭日・館内整理日
           年末年始(12月28日〜1月5日)
            *毎月の広報でご確認下さい。

おはな貸し出し期間 本・雑誌 一人5冊 2週間
       ビデオ・DVD 一人3点 2週間

よつばのクローバー登録手続き  はじめて利用する方は、登録が必要です。
       詳しくはこちらを Click! 

問い合わせ先 TEL04996−2−0797

町サイトの図書館のページはこちら Click!


町立図書館は、私も子どもたちも好きで、
よく利用しています。

1回の貸し出し期限が2週間なので、
だいたい2週間に一度は
子どもと一緒に図書館に顔を出しています。

子どもの本の部屋が別舘になっていて、
大人の利用者のことを気にせずに、
子連れでも
ゆったりと絵本選びができるのが
とても、いいですぴかぴか

絵本・児童書以外に、
紙芝居や図鑑などもおいてあり、
蔵書も充実しています。

目当ての本がみつからないときは、
カウンターの司書さんに聞くと、
すぐに調べて探してくれるので
助かります。

私が島の図書館を利用するようになって
6〜7年がたちます。

上の子が小さかったときは、
「私が良い本を選んであげなくちゃ!
と思っていたのですが、
最近は、2人の子どもたちに
自由に本を選ばせるようにしています。

一人5冊まで借りられるので、
何を借りようか、
考えながら選ぶのが楽しいようです。

最初は、子どもに任せると
絵柄がマンガチックなものとか、
キャラクターものに偏ってしまうかな、
とも思いましたが、
(実際、息子がウルトラマンの絵本
ばかり選んだ時期もありましたが汗
意外に面白い絵本を選んできたりして、
子どもの選択も
案外あなどれないなと思う今日この頃。

どんな本を借りているのか
興味のある方は、
こちらをどうぞ ⇒「フナリンの読書記録
(日々読んだ本と、子どもたちが
学校や図書館で借りてきた本を記録しています。随時更新)

子どもたちだけでなく、
自分自身が読む本も
図書館で借りることが多いです。

読みたい本をリクエストできたり、
他の図書館から借りてもらえるサービスもあり、
うれしい限り。
(*これらのサービスの詳細は、図書館のカウンターに
お問い合わせ下さい)

読みたい本や
観たいDVDが貸し出し中の場合は、
予約もできますよウィンク

最近は、新着図書を
ネットでチェックすることもできるんですよ〜
新着図書情報

町立図書館、
まだ利用していないという方がいましたら、
ぜひ一度、
行ってみてください。

子どもの本の部屋をのぞくだけでも
楽しいですよるんるん

先日お届けした
乙千代浜(海水浴場)の記事の追記です。

なんと私、
海の名前を間違って紹介してしまいました
お恥ずかしい限り・・・てれちゃう

聞きかじりで、
ちゃんと確かめずに書いてしまったのですが、
今日、ブログを読んだ方から間違いを教えていただき、
大慌てで追記記事を書いております。

穴があったら入りたい汗

今後はきちんと確かめてから
記事にしたいと思います。

教えてくださったOさん
ありがとうございました。

というわけで、
写真入で正しい名前を再度紹介しますおてんき

おおうみ
(プールの下あたりの海です。
池の右横の階段、またはプール脇から入ります)





くくぬき
(池の左横から入ります)


それぞれ、
海の感じが全然違うので、
両方行くと、
2倍楽しめます。

泳げる方はぜひ、
2つの海を制覇してみてくださいねぴかぴか
(ってこんなふうに書くと、
まるで私も泳ぎが得意みたいですが、
実は、3点セットなしでは
あんまり泳げません・・・汗
ゴーグル1つで外海に行っても
大丈夫なくらいになりたいのですが、
練習場所が・・。
八丈にも、温水プールがあったらいいのになああっかんべー

島の海水浴場レポート、
nagiiちゃんが担当してくれてるのですが、、
今回の乙千代ヶ浜、
この海一筋(?!)のフナリンが
紹介させていただきま〜するんるん

「暑いうちはまだまだ海に行くわよっ!!
という方はもちろん、
「今年はもういいかあ」という方も
来年の参考になさって下さい。

乙千代ヶ浜、
昔はものすごい岩場で、
地元の人間しか泳がない場所だったそうなのですが、
近年、海水浴場としてきれいに整備され、
近くにプールもあるということで、
今や人気スポットぴかぴか
夏の間は観光客や帰省客であふれておりました。

9月に入り、人が少なくなった
今からの方が、乙千代らしさを
楽しめるかもおてんき

以前紹介した乙千代浜プールは8月末で終了しましたが、
この海水浴場にはもう一つ、
「池」と呼ばれる天然プールがあり、
小さいお子さん連れで遊ぶ方には、
なんといってもここがおすすめですチョキ



ここは、コンディションがいいときは、
透明度が高く、魚もたくさんいて
絶好のシュノーケリングスポットになります魚

こんな感じ(魚は撮れませんでしたが・・
下が透けて見えるのがわかるかと思います。)

子どもたちが小さい頃には、
ここで浮き輪で泳がせつつ、
自分はシュノーケリングを楽しんだものです。

網で魚をつかまえたり、
岩場のカニを観察したり、
ゴーグルや箱メガネで水の中の魚をみたり、
毎年のように親しんできた「池」。

今では、
親に連れられて外海に出るようにもなりましたが、
ゴーグルやマスクで
すいすいと自由に泳ぎまわれる「池」の方が、
子どもたちにとっては
まだまだ魅力的のようです。

しかし、残念なことにこの「池」。
いつもこういういい状態とは限らないんですよね。

潮の関係で水がほとんどなかったり、
あっても水が濁っていたり・・。

今年の前半はずっとそんな感じでした。

また、
これはちょっと知っておいてほしいのですが、
外海が荒れている時など、
ふだんは安全な「池」が、
とても危険な場所になりますので、
注意が必要です。

外海から波がどんどん押し寄せてきて、
池の水かさが増し、
外海へと流されてしまう危険性があるのです。

ちょっと怖い話をしてしまいましたが、
そういうときにはたいてい、
「遊泳禁止」の看板が立っているので、
それを目安にすれば大丈夫です。
(この「遊泳禁止」は、あくまでも
外海で泳げないということで、
「池」で泳ぐことは可能なのですが、
子連れの場合は「池」も避けたほうが無難です)

さて、せっかくですから、
乙千代浜の外海の方もご紹介します。

海好きの大人は、
断然こちらの方が楽しい。

「おおうみ」↓




「くくぬき」↓


私は「くくぬき」にはほとんど行かず、
もっぱら「おおうみ」の方で泳ぎます。

理由は単純。
「おおうみ」の方が、
階段になっていて入りやすいから。

「くくぬき」の方は、
ななめになった板を降りていくのですが、
波がどばっと突然来たりして、
どうも怖い気がして。

でも、地元の小学生なんかは、
ゴーグル一つで
平気でここで泳いでいます。
(私は、3点セットがないと泳げない)

この海の上にそびえたつ岩の上から
飛び込みをしているのに遭遇して
「すげ〜っ」と心底感動したことも・・。

(このエピソードは、以前
個人ブログに書きました。興味がある方は
どうぞ⇒島の「夏」と「海」

ところで、
私がもっぱら乙千代ヶ浜にばかり
出かけていくのは
なんでだと思いますか?

まあ、家から近い
というのが一番の理由なんだけど、
もうひとつ、
「砂がつかない」というのも
ポイント高いです。

底土も、
たまに行くと楽しいんだけど、
駐車場から遠いし、
なによりも
砂を落とさなきゃならないのが
面倒で・・・。
(なんで不精な・・とあきれられそうひやひや

すっかり長文になってしまいましたが、
まだ乙千代ヶ浜に行ったことのない方は、
ぜひ一度、坂上まで
車を走らせてみて下さいね車
(クラゲは、まだまだ大丈夫だと思います)

気付けばもう8月も終わり…

晴天続きだった八丈島にも無事雨が降り、風も心なしか涼しいように
感じられ…海はもういいわ、とみなさん満足されているかもしれませんがグッド

夏のピーク前に海水浴ポイントを紹介し損ねた私に、少々お付き合いくださいぴかぴか

大変どんっ夏が終わっちゃう!!
クラゲが出る前に海にいっとかないとモゴモゴ


という事で、三根・神湊の砂っぱのご紹介↓


海水浴へは8月の前半に行ったのですが、ちゃちい写真しか撮れず
日をあらためて使える写真を撮ってから!などと思っていたら…
もうお盆なんてとっくに過ぎていました唖然

この写真は20日頃かな?

時間が早かったためか、ダイビングの方以外、泳いでいる人はいませんでしたパンチ
が、よーく見ると鳥が一匹ぴかぴか
君もここが気に入ったかい?


海底には砂が続き、石が転がっていないほか、浅いと思っていたら突然深くなる
といった心配もないので、小さな子供がいる親御さんたちにはとても安心できる
スポットなのです揺れるハート

ピーク時には沢山の子供たちで賑わいますおてんき

8月前半のようす↓


私が小学生の頃は、雨が降っていようが海が少々荒れていようが
毎日毎日海へ通い続けていました波
それこそ、まだ寒い時期からもう寒い時期まで(笑)

元気なお子さんたちにとっては、きっとまだまだ夏は終わらないのでしょうねぴかぴか
さ〜て、今年最後の海はどこになるのかなぁるんるん

夏真っ盛りビール!!!

みなさん、暑くて暑くて…海に行かずにはいられないのではと思いますぴかぴか
私nagiiiもせっせと海へ通い続けておりますジョギング
なんたって、雨がいっこうに降らないのだものひやひや

底土、旧八重根、神湊、乙千代ヶ浜、潮間海岸…
今年はもうすでにこれだけ制覇いたしました拍手

まずは底土から↓


底土には堤防が二つあります。
海に向かって右が「I堤」、左が「T堤」と呼ばれています(Yだったか?)

その「I堤」の右側にあるタイドプールが通称「どうだまり」ですぴかぴか(写真上)
こちらは波がほぼ立たないのでちいさな子供に最適チョキ

うちの娘は、波打ち際でよくお砂遊びをしていますラッキー



下の写真は「I堤」の左側↓
こっちの方は外海と繋がっているので、波もあるし
「どうだまり」よりも魚がたくさん泳いでいます魚


大きくなるとだんぜんこちらの方が楽しいようですハート大小

水中眼鏡で魚を追っていたら、いつのまにか泳げるようになった!という具合に
泳げるようにならないかなぁるんるんとひそかに期待しておりますイヒヒ

私事になりますが、最近劇団を立ち上げました。
その名も「劇団ヤシの木」おてんき

とりあえず仮決めのつもりで適当につけたのですが、さすが島!!という
感じで、だんだんにお気に入りの名前になっていますラブ

それでこの間、その劇団の打ち合わせで訪れたのがグリーンポストというお店。
私を含め、2人のメンバーも初めての来店チョキ

カフェテラスへの入り口はこんなかんじるんるん


場所は永郷の夕日ヶ丘へ向かう道の途中、南原へと下る道の角にあるので
景色が最高にいい。
八丈小島がこのように眺められますニコニコ


テラスの先に芝生が広がり、かなりゆったりとしたスペースがあるので
じっとしていられない子供たちにはとてもいいお店よつばのクローバー
もちろん、お店側や他のお客さんに迷惑にならない程度に遊んでもらいましょうぴかぴか

店内の写真も撮ったのですが、あまりにもいまいちなのでやめときます。。
とりあえず最高に落ち着くパクッ

営業時間は12時〜日没までといった素敵な設定ラブ
ドリンクのほかに軽い食事もできますパン

目印はこの看板。

ぜひ今度訪れてみてポッ
きっとすてきなティータイムになりますよラブ


このブログについて

「八丈島で楽しく子育て♪」へようこそ!
このブログは、特定非営利活動法人八丈島あそびと文化のNPOあびの実が運営する子育て応援サイトです。
あびの実、親子サークル「ひよこクラブ」、エアロビクスの活動予定やレポを中心に、島の子育て関連情報を発信しています。

☆コメント・トラックバックは承認制とさせていただきます。反映まで時間がかかりますのでご了承ください☆

*サイトのサイドスペースをリニューアルしました。これまでツイッターで発信していたイベント情報に変わり、「八丈島イベントカレンダー」の更新情報を掲載します。*

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

八丈島イベントカレンダー

八丈島のイベントをチェック!⇒ 八丈島イベントカレンダー

Mail

お問い合わせは
karakosimako☆yahoo.co.jp
までどうぞ。
情報提供もお待ちしています。
(☆の部分を@に変えて送ってください)

八丈島子育て関連情報LINKS

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM